大人のあせも対策 下着の素材やベビーパウダーのつけ方、外出時の注意点を紹介

大人 あせも対策 健康

昨年の夏はあせもが出きて痒くて痒くて大変でした。
最終的には病院で処方してもらった塗り薬で治りましたが、かきむしった後がまだ残っています。

子供なら皮膚の代謝も早くすぐに消えるのでしょうが、大人は痕がなかなか治りません。

今年はあせもにならないように病院で教えてもらったことなど事前にできる対策をしたいと思います。
自分でできるあせも対策をまとめたので紹介します。

スポンサーリンク

汗疹ができる原因

あせもは大量の汗をかくことで汗腺が詰まって汗が排出できなくなり皮膚内部の組織を刺激するため炎症を起こすのが原因です。

また皮膚が乾燥ぎみの人は汗の塩分が刺激になりますますひどくなります。

見た目も赤くなってかゆみを伴う赤いあせもは放置しておくとますますひどくなるので適切な治療が必要です。

また赤くならずかゆみもない透明な水ぶくれができる白あせもは、放置しておけば数日で自然に治るようです。

大人のあせも対策

あせも対策には汗をかかないことが一番いいです。

その為にはエアコンの温度をこまめに調整したり、暑くてたまらない場合には電気代も心配ですが、エアコンの温度を下げることも予防策になります。

そうかといって一日中、家の中でクーラーが効いた部屋にいるわけにはいきませんね。
日常的にできるあせも対策です。

下着の素材

綿は汗を吸収してくれて、繰り返しの洗濯にも丈夫であせも対策にはもってこいの素材です。

しかし、綿は汗を吸着してくれるけど、速乾性はありません。
大汗をかいて塗れたじめじめした状態が続くとあせもの原因にもなりかねません。

その為速乾性があるポリエステルとの混合の生地の下着がおすすめです。

また体へ密着するデザインは汗蒸れを起こすこともあるのでゆとりのある風が通るものが良いです。

おしりにあせもが出る人や、人気のブラトップもあせも対策にはまず素材から選ぶと良いようです。

ベビーパウダーのつけ方

ベビーパウダーは汗を吸着してくれて皮膚をさらっと乾燥させてくれるし、リーズナブルな価格帯で使いやすいです。

名前にベビーとつくだけに赤ちゃんでも使えて肌にも優しです。

しかし、つけ方を間違うと逆効果になるので注意しましょう。

塗れた体につけるのはNG
塗れた体につけると汗の出口をふさいでしまうのであせもをつくる原因になります。

あせもが発症している場所に付けるのはNG
すでにあせもができている場所へつけると汗腺を塞いで、ますますひどくなることもあります。

つけ方のコツ

かわいた清潔な皮膚へつけると良いです。
シャワーを浴びた後、扇風機やクーラーの効いた部屋でつけると、つけてる時に汗をかくこともありません。

ベビーパウダーは量をつけすぎると皮脂を吸い取って肌が乾燥してしまうので薄くまんべんなくつけるのがコツです。

特に背中は寝る前につけると寝汗をかく人にはあせも対策におすすめです。
背中は自分でつけられないので、家族につけてもらうのが良いですが柄付きパティングなどを利用するとうまくつけられます。

 

ベビーパウダーは粉が床や周りに散るから使うのに抵抗があるという人は制汗スプレーを活用するのもよいです。

銀やミョウバン、塩化アルミニウムなどの殺菌効果のある成分入りがおすすめです。
やはりつける前には汗を拭いて乾いた清潔な状態で使うのがポイントです。

スポンサーリンク

外出時のあせも対策

外出先では自宅にいるように温度管理はできません。
駅や商店街、人が集まる場所では大汗をかくこともあります。

こまめに汗を拭きとる
ウエットティッシュや水で濡らしたハンカチを持参して、汗をかいたらこまめに拭いて皮膚を清潔に保つようにします。
濡らしたハンカチはジップロックへいれてバッグへ入れておけば周りを濡らしません。

日焼け止めを塗る
あせもと日焼け止めは関係ないように思いますが、日焼けをした皮膚は炎症を起こしバリア機能が低下しており、あせもになりやすい状態です。

日焼けを防ぐことであせも対策になります。
直接太陽にあたる首やデコルテ、腕は十分に塗っておきましょう。

肌の露出を避ける
汗をかいた時に洋服が汗を吸着してくれる役割を果たします。
夏はノースリーブや胸もとが大きく開いたトップスを着る機会が多いですがあせも対策には袖のある服など露出が少ない服のほうが良いです。

まとめ

夏のあせも対策で自分でも簡単に出来ることだったのでまとめてみました。
また、夏は汗をかくため肌が乾燥しているのに気づかないことが多いということでした。
汗と潤いは違いますから、お風呂上りにはクリームやボディローションを塗って肌を保湿しておくこともあせも対策にはなります。

あせもの薬はべたべたしてつけた後も気持ち悪いことがありました。
事前に対策しておけば悩まなくて済みますよ。

スポンサーリンク