ダウンコートの新品が臭い原因は?匂い取りの方法やクローゼットに移った時の対策

ダウンコート 臭い 新品 生活

ショップで気に入ったデザインのダウンコートを購入したら、新品なのに獣臭いことがあります。

それでも我慢して着用していたら体の熱気で匂いが首元から上がってきて気分が悪くなったり、クローゼットの中の服全部に匂いが移り、困ることもあります。

ダウンコートの新品が獣臭い原因や匂い取りの方法、クローゼットに匂が移った時の対策についてまとめました。

スポンサーリンク

ダウンコートが臭い原因、新品なのにどうして?

ダウンコートは最近では1万円を切る商品から数十万円するものいろいろな価格帯で売られています。

自分が購入したダウンコートが安いから臭いのか、というとそうでもないようです。

ダウンは水鳥の羽毛を使っています。
羽毛を根本から抜き取って使うわけですが、羽軸には脂肪分が残っています。
この脂肪分が獣臭いにおいの原因です。

この脂肪分は羽毛の特徴であるふわっとした膨らみと保温性を担うため、完全に取り除くわけにはいかないのです。

その為、ダウコートは無臭なものが品質的に良いとは言いきれません。

ダウンは商品として使う前に殺菌、消臭処理を施していますが、これらの加工の基準は世界一律の基準ではなく国によって違います。

日本以下の基準の国もあります。

また、臭いと感じる不快感についても国により違いがあるようです。

海外の先進国であってもダウンコートは鳥の羽を使っているのだから獣臭いのが当然と思って気にしないお国柄もあります。
日本人は特に臭いには敏感という国民性にもよるようです。

しかし、臭いものは臭いですし、家の中やクローゼットの中が獣臭で充満するのは許せませんね。

ダウンコートの匂い取りの方法

匂い取りの方法を紹介しますが、その前に自分で対処しようと思わず購入したショップへ相談することもおすすめです。

臭いという事実を説明すれば交換や返品もありです。
同じダウンコートを交換してもらったら届いた商品は全く匂いがしなかったという事例もあります。

同じ商品でも羽毛は個体ごとに差があるのでこういったこともあるようです。
餌の質や育った環境によっても匂いに差があったり、人間の体臭がきつい、そうでない人というような事が水鳥にもあてはまるようです。

また、すでにタグやレシートをなくしてしまった人やしばらく我慢して着ている人に自分で匂い取りをする方法を紹介します。

水洗いをする

洗い方は手洗いをします。
ダウンコートが一律に水につかるような浴槽を使って洗うのがおすすめです。
ダウンコートが浸る程度水をいれます。

洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤がおすすめです。
ダウン専用の洗剤もありますが、それは汚れを取る目的で匂いを取る目的はないので、わざわざ購入することもないでしょう。

中性洗剤液がダウン全体に浸みわたるように押し洗いをします。

しばらくつけて置き、その後よくすすいだ後、軽く脱水をします。

風通しの良い場所に陰干しをします。
陰干しは1日だけでなく数日かけてダウンコートを乾かします。

水分が残っていることで脂肪分がにじみ出てさらに匂いが強烈になる場合もあるのでしっかり乾かすのがポイントです。

クリーニング

ドライクリーニングは羽毛が痛んで、ふっくらと膨らまなくなる場合もあります。
またドライクリーニングの溶剤で匂いがよけいにきつくなることもありますので、クリーニングはダウンの専門店でおねがいしたほうが良いです。

料金はそれなりにかかりますが、特殊クリーニングで風合いはそのままで匂いを取ることができます。

ただしドライクリーニング不可の表示があれば扱ってもらえないこともあります。
事前に、料金や匂い取りについてクリーニング店に問い合わせをすると良いです。

消臭スプレー

市販ではファブリーズが消臭スプレーとして有名ですが、ダウンコートの生地によってはシミになることも考えられます。

裏地の目立たないところに試しスプレーをしてから利用するとよいです。

その他、100均でも手に入る重曹を薄めて重曹液のスプレーを使う方法もおすすめです。
匂いの元は酸性で、アルカリ性の重曹が匂いを中和させる作用があります。

スポンサーリンク

さらに、重曹は食用や台所や家じゅうのお掃除にも使えて薬品ではないので安全面でもおすすめです。

水500mlに対し重曹を大匙5、6杯を入れて良く振って溶かします。
それをスプレー容器に移して使います。

こちらも最初はダウンコートの裏面から吹きかけ、陰干しで乾かすを繰り返し行って匂いを取ります。

クローゼットに移ったダウンコートの匂いを取るには

クローゼットは湿気が溜まりやすい場所で、空気も巡回しません。

まず、中に保管している洋服をすべて取り出し、クローゼットの中の空気の入れ替えを行いましょう。
扇風機やサーキュレーターを利用して風を送ると空気の入れ替わりが早いです。

クローゼットに掛けておいた服は天日干しをして匂いを取ります。
クローゼットの中は先ほど説明した重曹スプレーをふきかけてふき取ります。

完全にクローゼットの中が乾き、匂いが気にならなくなったら除湿剤や消臭剤とともに洋服を収納します。

ダウンコートはそのままクローゼットに保管せず、ダウン収納ケースなどを利用すると完全に孤立化して匂いを他の洋服へ移すこともなくなります。

まとめ

ダウンコートは安いから臭いという考えは違うようです。
実際に高額のダウンコートを購入したのに、獣臭いというようなこともあります。

羽毛布団でも同じように高額品でも匂いがすることがあります。

中に入っているダウンにあたりはずれもあるようですが、まずは販売店に相談をする。
交換が可能だったら交換、返品をする。

そのあとで自分での匂い取りの対処法を考えましょう。

せっかく気に入って買ったダウンコートなのにどこにも着ていけない、匂い取りに労力を使うのはつまらないです。

スポンサーリンク